子ども・子育て

赤ちゃんの歯が2本くっついている、どうする?!癒合歯(ゆごうし)と歯医者でいわれた話。

癒合歯(ゆごうし)という言葉を耳にしたことがありますか?

また、そのような歯を見たことがありますか?

聞いたことも見たこともない!なにそれ!という私の経験談をお伝えします!

 

5歳の男の子のシンママ

はるママ
はるママ
こんにちは、はるママ(@s2713_uandme )です!

お子さんを育てるママさんへ!!

ここでは、私の息子を歯医者に連れて行った際、

癒合歯(ゆごうし)」という聞き慣れない言葉を言われたので

そのことについてまとめていきます♡

 

■かわいい赤ちゃんの歯

乳歯Mojpe / Pixabay

 

だいたい6ヶ月頃でしょうか。

かわいいかわいい歯が息子に生えだしたのは。。。

下の前歯から生えはじめたと思ったら、

すぐに立派な歯が揃ってしまう。

 

人間の体は神秘的ですね。

あれ、上の前歯・・・

 

歯が生え揃いはじめたころ、異変に気づきました。

上に2本生えている前歯の右側、

そのお隣の歯となかよしこよし。

 

あれ・・・?歯と歯に隙間がない。

ん・・・?なんだかくっついているようにみえる。

 

他の歯同士は、少しずつ間隔を開けて生えていたので、

この2本の歯だけ、やたらと間隔が近いことに違和感を覚えました。

 

乳幼児健診

 

10ヶ月検診でしたか。

はじめて歯をチェックする機会を迎えました。

が、

異常なしですねー

あまり深く考えていませんでした。

異常なしと言われれば、異常なしですよ!!笑

この時は、見ていただいた先生へつっこむことをもしなければ、

「歯 くっついている」

などとインターネットで検索することもしませんでした。。。

 

保育園でのむし歯検診

 

乳幼児健診以外にも、歯を診てもらう機会といえば、

保育園に通っていたので、そこで定期的に行ってくれる

むし歯検診でした。

そこでもいつも異常なし。

 

まぁ少し考えてみれば、たった数時間で、

うちの保育園の場合は240名越えの園児を診察するわけです笑

ただでさえ、スムーズにいかない園児を240名って。笑

そんな隅々まで確認できるものではないものを

私はあまりにも過信しておりました。反省。。。

 

初めての歯医者。

歯磨き粉StockSnap / Pixabay

 

1歳半を少し越えたあたりで、

フッ素塗布」をしに初めて歯医者へ連れていきました。

 

歯の矯正にも力を入れている歯医者で、

フッ素塗布前に、丁寧に診察してくれました。

 

そこではじめて、

お母さん、ここ癒合歯ですねー

 

・・・いまなんて?ゆ??ゆご・・・??笑

 

癒合歯(ゆごうし)

隣同士の歯と歯がくっついて一本の歯のようになってしまったもの

 

おお、そんな風に呼ばれる歯が存在するのですね。

・・・ってやっぱりくっついてたんかーい!

今まで診断されなかったやないかーい!笑

 

しかし、癒合歯、奥のほうでなる人が多いらしく、

うちの子どものように、前歯とその隣がくっついているのは

珍しいとのこと。。。

 

■癒合歯の注意点

 

癒合歯、それで?

ってなりますよね笑

そこの歯医者さんは丁寧に説明してくれましたので

ご参考までに注意点をお伝えします!

 

むし歯になりやすい

虫歯Tumisu / Pixabay

 

2本の歯がくっついてしまっているので、

歯と歯の間が深くなり、歯ブラシの際、磨きにくくなります。

そのため、場合によっては溝を詰めたり、薬を塗ったりという

処置が必要なようです。

 

うちの子どもも、4歳の頃、フッ素塗布に行った際、

癒合歯の間が少しむし歯になっていたようで、

むし歯を削り、処置をしてもらいました。

 

もっと小さい頃であれば、口を開けてくれなかったり、

処置中のウィーンという機械音を嫌がり、

治療させてもらえないこともあると思います。

 

なので、自宅でしっかりと歯みがきケアをしなければですね!

 

永久歯が1本少ないかもしれない?!

ここ、要注意であり、聞いてびっくりしたことです。

あくまで可能性の話しですが、乳歯が癒合歯の場合、

永久歯が1本足りないこともあるようです。

 

45%の確率で癒合歯の後から生えてくる永久歯が存在しないと言うデータがあります。

 

出典元:ママ必見!!子供の癒合歯(ゆごうし)に起こる3つのリスクと対応策

 

うちの子どもの場合、癒合歯の箇所は、上の前歯とその隣。

人って笑うと歯が見えますよね。

 

その、見えている歯によって、印象も変わるのではないでしょうか?

芸能人が歯を白く保つ理由はそこなのかもしれませんね。

 

そこが問題!!

多くの方は、笑うと前歯4本くらいは他人の目線に入るのではないでしょうか?

 

その、大切で、印象深い、前歯とその隣、どちらかが

生えてこないかもしれない?!?!?!?!

 

大問題です!!!!!!!!!

 

通常、レントゲンを撮影し、乳歯の上から生えてきている

永久歯を確認します。

 

ただ、当時1歳半の子ども。

 

暗転となるレントゲン室にひとりで入れるのか・・・

入れたとしても、口をあけてじっとしているのか・・・

 

そもそも、まだ永久歯が見えないことが多い・・・

 

ということで不安なまま、少し年齢があがるのを待つことになりました。

 

自然に生えかわらないかも?!

 

なんだか大変だということと、不安になるようなお話ばかりですが

トドメを刺されました!!笑

 

乳歯から、永久歯への生え変わりの際、乳歯の根っこが段々と短くなり、

グラグラと揺れ始め、抜けていくという流れですが、

癒合歯の場合、根っこが短くなっていかず、自然と抜けづらい可能性がある。

だそうです。

 

・・・抜歯ですよね。

色々と処置をしているうちに、歯医者なんていかない!!!!!

と言われてしまいそうです・・・

 

■まとめ

 

◎ まずは定期的に歯医者へ行きましょう

◎ 焦らずに今後の見通しを相談しましょう

◎ 小さいうちは恐怖心を与えないよう心がけましょう

◎ おうちではしっかりと歯みがきしましょう

 

うちは5歳で、前回のレントゲン撮影では永久歯が確認できませんでした。。。

まだ不安な日々との戦いは続きます。。。

 

また情報があれば随時更新していきます♡

ABOUT ME
はるママ
はるママ
〇何かを始めたいママの応援団〇 〇究極の三日坊主を打破した女〇 〇趣味なし・特技なし・センスなしでもできることを探し中〇 〇男の子を育てるワーママ・シンママ〇