子ども・子育て

【子育て】香り・匂いには要注意!自宅にある様々な『匂い』【香害・化学物質過敏症】

赤ちゃんを迎えるご家庭や、今まさに子育て中のご家庭は、何を気にしているでしょう?

赤ちゃん・お子さんに触れるものは安心、安全なものをと考えるのが親心ですよね。

添加物や、有害なものは使用されていないか…を確認するのと同時に、『香り・匂い』も検討材料として追加していきましょう。

 

香害・化学物質過敏症が増えてきていますよ

はるママ
はるママ
こんにちは、はるママ(@s2713_uandme )です!

 

自宅にある様々な『匂い』

様々な香水monicore / Pixabay

 

アトピーや、食物アレルギーで悩むお子さんが増えていますが、『香害』や『化学物質過敏症』という言葉は聞いたことがあるでしょうか?

新しい公害といわれている『香害』、

花粉症同様、誰しもがいつ症状が出てもおかしくない『化学物質過敏症

自宅の様々なものを見直して、お子さんを少しでも守りましょう!

香り・匂いから子どもを守ろう

アトピーや、食物アレルギーは今やかなり認知され、学校の給食などでも配慮してもらえる環境となってきました。

一方で、今徐々に増えてきている『香害』や『化学物質過敏症』というものがあるのはご存知でしょうか?

私自身、子どもが生まれた時には使用する洗濯洗剤や、柔軟剤にはかなり気を使いました。子どもが大きくなって、多少匂いのある柔軟剤に変えたところ、異常を感じたのは子どもではなく、なんと私。私より体の小さい子どもにとっても良くないと思い、色々と調べたものです。

新しい公害 『香害』

香害(こうがい、かおりがい、fragrance pollution

香水や香りつき洗濯洗剤柔軟剤などの香料に含まれる香り成分に起因し、頭痛アレルギーなどの症状が誘発され、健康に害を受けることである

におい・香りの感じ方には個人差が大きい。同じ香りが、ある人にとっては好ましいと思えても、別の人にとっては不快な臭いや、香りが強すぎると感じられることがある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

今は『いい香り』を売りにしている商品が増えてきており、無香料の洗濯洗剤や柔軟剤を探すことの方が難しいのではないでしょうか…

【無香料の柔軟剤】香りに溢れすぎた社会で無香料を探してみた海外製の香りの強い柔軟剤が人気だったり、汗に反応して良い香りを放ってくれる柔軟剤も売られている時代。 通勤の電車内や、会社などで様...

 

化学物質過敏症

化学物質過敏症(かがくぶっしつかびんしょう)非常に微量の薬物化学物質(主に揮発性有機化合物)の曝露であっても健康被害が引き起こされるとする疾病概念。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

重症になると、仕事や家事が出来ない、学校へ行けない…など、通常の生活さえ営めなくなる、極めて深刻な“環境病”です。

出典:NPO法人化学物質過敏症支援センター

花粉症同様、だれしもがなり得る化学物質過敏症。

通常の生活でも、様々な化学物質が溢れていますので、服の素材ひとつで症状がでてしまう、買い物へ行くと周りの方の柔軟剤の匂いにやられる、など支障をきたします。

香りの強いものは、このような生活の支障をきたす症状の引き金となりかねません。

自宅にある様々な『匂い』

HomeComfreak / Pixabay

 

人間、『慣れ』というのは怖いもんです。

長年生活している自宅の『匂い』。自分では気づけなくなっていることが多いのではないでしょうか?

家族が多くの時間を過ごす自宅こそ、実は様々な香り・匂いで溢れかえっています。

玄関

玄関から、『匂い』の宝庫!

玄関用フレグランス、下駄箱用消臭剤、これらを置いてはいませんか?



匂いは匂いでごまかすのではなく、『消臭』できるものがベストですね。

トイレ

トイレの芳香剤も、様々な種類が発売されていますね。

玄関同様、匂いでごまかすのではなく、定期的な掃除で、匂いを出さないということが大切です。



それでも気になってしまう、トイレの匂いは、安心安全で、無臭の消臭剤を使いたいですね。

生活するスペース

家の中にこもった匂いを、スプレータイプの消臭剤で消臭していませんか?

消臭剤が有害、ということではなく、家中に巻かれたその『匂い』が体の中でチリも積もって『化学物質過敏症』となりかねませんよ。



洗濯物

洗濯洗剤や、柔軟剤はどうでしょう?

香りのいい商品がたくさん出ていますし、少しでもいい匂いを漂わせたいものですが、一日中身に着けている洋服ほど、気を付けたいものです。

【無香料の柔軟剤】香りに溢れすぎた社会で無香料を探してみた海外製の香りの強い柔軟剤が人気だったり、汗に反応して良い香りを放ってくれる柔軟剤も売られている時代。 通勤の電車内や、会社などで様...

 

お風呂アイテム

シャンプー、コンディショナーも、香りの強いものがたくさん溢れていますね。

お子さんと一緒に使えるような無添加・低刺激のものに変えるという簡単なことで、お子さんを守ることができますよ!





まとめ

いかがでしょうか?

意外と身近に『香り・匂い』が溢れていますね。

花粉症同様、いつ『匂い』に対して反応・症状が出てしまうかわかりません。

一番長い時間を過ごす自宅の匂いから見直し、大切なお子さんを守りましょう!

【無香料の柔軟剤】香りに溢れすぎた社会で無香料を探してみた海外製の香りの強い柔軟剤が人気だったり、汗に反応して良い香りを放ってくれる柔軟剤も売られている時代。 通勤の電車内や、会社などで様...
ABOUT ME
はるママ
はるママ
〇何かを始めたいママの応援団〇 〇究極の三日坊主を打破した女〇 〇趣味なし・特技なし・センスなしでもできることを探し中〇 〇男の子を育てるワーママ・シンママ〇