子ども・子育て

【親子バトル】勃発するランドセルの色問題。人気な色?長く使える色?子どもの好み?

ランドセル

早ければ、年長さんになってすぐから、シーズンが始まるランドセル市場。

ひとつの「高い買い物」となりますので、機能や使い心地などは慎重に選びたいものですね。

ここで勃発する親子バトル、ランドセルの色どうするの問題

さて、どうするのか、見ていきたいと思いますよ!

 

私の息子ももう年長さんになってしまう…

はるママ
はるママ
こんにちは、はるママ(@s2713_uandme )です!

 

親子バトル ランドセルの色どうするの問題

 

桜の花hirobi / Pixabay

 

保育園、幼稚園も、残り1年か…としみじみ新学年を迎える親御さん。

もうランドセルのシーズンが到来していますよ!!

ここで勃発する親子バトルが、ランドセルの色どうするの問題。

子どもの好みの色にする

親の好みの色にする

 

近所の通学している子ども達を観察

 

さて、近所の通学している子ども達を見たことはありますか?

ランドセル購入時期が近づいてきたら、よーく観察してみましょう。

3月後半は春休みなのでその前に!!

 

○●観察のポイント●○

① どんな色のランドセルなのか

② ランドセル以外を背負ってる子は何年生くらいなのか

 

ランドセルいつまで背負うか問題

スクールバスに乗る子どもebpilgrim / Pixabay

 

近所を通学している子ども達を観察していると、ランドセルではなく、リュックなどで通学している子どもはいませんか?

学校の決まりだったり、地域差がかなりあると思いますので、よーく観察してみましょう。

 

子どもは流行りに流されます笑

私自身、せっかく買ってもらったランドセル、1年使ったかなぁ…

 

地域によっては、高学年になると、ランドセルで通学している子どもが激減してきます。

 

これらを踏まえてランドセルの色を決める

 

せっかく買ってもらっても、ランドセル卒業が早くにやってくるかもしれません。

親としては、長く使える良い物を…と思っていても、いつどうなるかはわかりません笑

 

子どもの好みの色を選ぶ

【メリット】
お気に入りとなるので、長く使ってもらえる

【デメリット】
大きくなると飽きてしまう、恥ずかしくなってしまう色を選んでしまうかもしれない

子どもの好みに合わせることで、買い物もスムーズにいくでしょうし、駄々をこねられることも少なくなるでしょう。

しかし、幼稚園児が選ぶ好きな色を、小学校6年生でも好きでしょうか

 

親の好みの色を選ぶ

【メリット】
小学校6年生まで見越した色選びができる

【デメリット】
入学早々にお友達が希望の色で通学しているとやっぱりあれが良かったと言われてしまう

親の好みに合わせると、買うに至るまでに親子バトルが勃発しそうです。笑

しかし、6年生まで見越した色選びは結果として○となるケースが多いでしょうね。

 

買い物へ行く前に

 

買い物カートAlexas_Fotos / Pixabay

 

いざ、買い物へ!

すると、そこには色とりどりのランドセルが並んでいます。

価格もピンキリ。3万円台でもいい色あるじゃーん!と思っていたら、子どもの指さしたランドセルはなんと7万円、なんてことも。

 

ある程度、候補を絞っておく

子どもの好みにするにしても、親の好みにするとしても、いくつか候補を絞っておくといいでしょう。

混み合っていない時期に行くことができれば、見本となるランドセルを1箇所に集めて選ぶことも可能になります。

子どもも目移りすることなく、選ぶことができますね!

 

子どもの希望する色の”ライン”がある色を選ぶ

男の子が、””がいいと言うことって少なくありません。

逆に、女の子が””がいいと言うケースもあります。

親としては、悩みどころとなりますが、今はランドセルのデザインが豊富です。子どもの希望する色の、”ライン”が入っているランドセルを選ぶのもひとつの手です。

 

汚れが出てくることを念頭におく

真っ白などのランドセルはあまり見かけませんが、汚れが目立ってくることを親御さんは見てあげましょう。

男女問わず、公園に放り投げたり、水溜りをホッピングしながら帰ってきたり、汚れは日常茶飯事です。笑

 

まとめ

いかがでしょうか?

私も、これをもとに、まずは下見に行ってきたいと思います!

子どもがどんな色を選ぶのか、気になる所です。

祖父母からのプレゼントとしても検討しているようであれば、決まった予算に見合うものをいくつか見繕っておかないと、ですね!

 

【一人寝】子どもの寝室はいつから分ける?海外との子育ての違いが?!欧米は一人寝があたりまえ?! 子どもが大きくなってきたり、兄弟が増えると、”寝室”の悩みが出てきます。 いつまで家族”川の字...
ABOUT ME
はるママ
はるママ
〇何かを始めたいママの応援団〇 〇究極の三日坊主を打破した女〇 〇趣味なし・特技なし・センスなしでもできることを探し中〇 〇男の子を育てるワーママ・シンママ〇