子ども・子育て

【ハリガリ】足し算の練習ができるカードゲーム【知育玩具】

足し算の練習が楽しくできる、カードゲーム「ハリガリ」をご存知でしょうか?

チリーンとベルを鳴らす事が楽しくて、何度も何度もやりたい!と声があがる「ハリガリ」をご紹介していきます!

息子の6歳の誕生日に、「ハリガリ」が欲しいと言われました、はるママ(@s2713_uandme)です!

楽しく足し算練習のできる【ハリガリ】

↑実際に購入した「ハリガリ」↑

 

どうやら保育園で、一世風靡しているらしい「ハリガリ

息子の6歳の誕生日が近かったので、何が欲しい?と聞いたところ、「ハリガリ!」と言われたので購入してみました!

「ハリガリ」って?楽しく足し算

ざっくりルールをお伝えすると、「5」までの計算をしながら行うカードゲームです!

この「ハリガリ」は56枚のカードと、付属のベルを使います。

遊べる人数 2~6人
遊びにかかる時間 15分
対象年齢 6歳~

 

息子の誕生日プレゼントとして渡し、すぐに「やろう!」となったのですが、これは大人もハマります!!!

何回やったかな…笑

ハリガリの遊び方

56枚のカードには、下の写真のように4種類のフルーツが書かれています。

↑このような4種類のフルーツが、それぞれ1~5個書いてあるカードです。

このカードを一枚ずつ出していき、同じフルーツが「5」となればベルを鳴らすゲームです。

1.点を切り、裏返しで人数分配っていき、山にします

2.真ん中に付属のベルを置きます

3.山から、順番に1枚ずつ表に返しながら出していきます

4.場にある同じフルーツの合計が「5」になったら真ん中に置いたベルを鳴らします

5.ベルを鳴らした人が、場のカードを全てもらうことができます

6.カードが全部なくなった人は負けとなります

↑これは二人でやってます!

↑場に出ているカード(左)ライムが4個(右)バナナ5個

「5」になったのでベルを鳴らしますよ!

足し算ができなくても大丈夫!

遊びながら足し算を覚えていくので、足し算ができないから…と諦める必要はありません!

息子も、素早く計算することにはなれていませんが、5個のカードが出れば計算いらずでベルを鳴らす事ができます!

また、「1と4」「2と3」など、2枚の足し算からゆっくり覚えることができます!

保育園では、子ども同士で遊ぶので、ベルに手を置いた人でジャンケンをするという追加ルールを作っているようです!

簡単なルールなのでみんなが楽しめるように追加や変更することもできちゃいます!


大人もハマるハリガリ

大人もハマるハリガリの魅力をご紹介していきます!

ベルを鳴らす楽しさ

そもそもベルを鳴らすという、あまり見ない遊び方に、子どもはもちろん大人もハマります!

二人でも楽しめる

私自身シングルマザーなので、テーブルゲームなどは人数が集まらない…と諦めてしまうのですが、ハリガリは2人からでも楽しめちゃいます。

大人より早い反射神経

最初こそ、足し算になれていなくて、大人が勝つことも多いですが、慣れてくると、子どもは強いですよ。

子どもの反射神経の良さに大人は勝てるでしょうか?!笑

単純な計算なのに繰り返すお手付き

「5」までの足し算なんて…とバカにしていると、お手付きを大量生産します

ベルを鳴らしたい欲でしょうか。笑

6歳から80歳まで幅広く楽しめる

6歳の息子は、86歳のひーおじいちゃんと対戦してましたよ!

沢山笑いあって楽しそうに何度も繰り返し対戦してました。



まとめ

いかがでしょうか?

幅広い年齢層で、2人から楽しめる「ハリガリ」

子どもは吸収力が素晴らしいので、計算ができなくても、「ハリガリ」で楽しく足し算を覚えることができちゃいます

【子育て】男の子のトイレ問題!立ってさせる?座ってさせる?実際に調査した結果をご紹介!男の子を子育て中のご家庭での悩み「トイレを立ってさせるか、座ってさせるか問題!」 そういえば周りはどのようにさせているのか、またそ...

 

ABOUT ME
はるママ
はるママ
〇何かを始めたいママの応援団〇 〇究極の三日坊主を打破した女〇 〇趣味なし・特技なし・センスなしでもできることを探し中〇 〇男の子を育てるワーママ・シンママ〇