子ども・子育て

【子どものこと】幼児教育無償化。子どもを保育園に通わせるシングルマザーは果たして出費軽減になるのか?

教育

幼児教育無償化が迫ってきています!

現在は、収入のランクによって、毎月の保育料が異なっていますが、

2019年10月からはどのようになるのでしょうか?

こんにちは!!つな缶ぶろぐへようこそ!!
ご覧頂きましてありがとうございます♪
つな缶ぶろぐのロゴ

 

2019年10月から始まろうとしている、

「 幼児教育無償化 」

 

両親共働きで、ある程度の年収があると、

保育料に7万円の支出がある家庭もあるでしょう。

もう、家賃ですよね笑

 

そうなってくると、二人目、三人目をどうしても考えられなくなってしまいがち。

そんな少子化対策も兼ねての、幼児教育無償化について、

今回は、

子どもを保育園に通わせる、シングルマザーの目線から見ていきたいと思います!

 

[adchord]

■幼児教育無償化

 

ぶたの貯金箱andibreit / Pixabay

 

 

こちらを参考に、どのような制度となるのか、抜粋していきましょう!

 

目的

○ 子育てや教育にかかる費用の負担が重いことが、少子化問題の一因になっている

→ 子育て世帯を応援、少子化対策の一つ

 

○ 諸外国でも3歳~5歳の幼児教育の無償化が進められている

→ 幼児教育が将来の所得の向上や、生活保護受給率の低下などをもたらす、と世界レベルで研究結果がある

 

時期

消費税率引き上げ時の2019年10月からの実施

 

無償化ばかりに気をとられていましたが、消費税率がここであがるんですね!!!!!

対象者

○ 幼稚園、保育所、認定こども園等を利用する3歳から5歳の全ての子供たち

※ 地域型保育、企業主導型保育事業についても、利用者負担分を対象とする

○ 0歳から2歳児については、住民税非課税世帯が対象

○ 就学前の障害児の発達支援についても、あわせて無償化を進めていく

 

○ 認可外保育施設について

※ 保育の必要性があると認定された子どもで、認可保育所や認定こども園を利用できないと

認定した3歳から5歳を対象に最大月3万7000円補助。

住民税非課税世帯の0歳から2歳児では同4万2000円を補助。

 

○ 幼稚園の預かり保育も対象(月額上限金額あり)

○ ベビーシッター、ベビーホテルなどの認可外事業のうち指導監督の基準を満たすものも対象

 

▶0歳~2歳児(幼稚園、保育所、認定こども園)

認可 : 住民税の非課税世帯は「 無償 」
認可外: 住民税の非課税世帯は「 月額上限あり 

 

▶3歳~5歳児(幼稚園、保育所、認定こども園)

認可 : 全ての子どもが「 無償 」(※幼稚園保育料は無償化上限額あり 2万5700園円)
認可外: 「 月額上限あり 」(3万7000円)

 

シングルマザーの現在の状況

 

さて、実際のところ、軽減になるのか。

少しでも生活が楽になるのかを見ていきましょう!

 

共働きで月額7万円もの保育料を支払っている家庭は、

大変大助かりですね!

 

わたしのような、シングルマザーはどうでしょうか?

子どもを「 保育園 」に預けている、現在の状況を見てみましょう!

 

教育参考:保育認定(2・3号認定)を受けた子どもの利用者負担額表

私の生活する、札幌市では、このような表があります。

 

こちらは、保育認定(2・3号認定)を受けた利用者の負担額をあらわすものです。

※ 所得割額が77,101円未満のひとり親家庭等世帯(母子(父子)家庭、障がい者(児)同居世帯)

こちらの金額を抜粋しております!

共働き世帯などは、別の表がございます。

 

これを御覧頂いて分かる通り、保育料の負担額ですが、

0円 ~ 4,400円 

 

所得77,101円未満の方の表なので、年収360万円位までの方の負担額ですね!

 

無償化になる金額

上に書いたとおり、現在の保育料の負担額が、

0円 ~ 4,400円

ということは。

幼児教育無償化になれば、この金額の出費が抑えられるということですね!

 

んー。

わたしのようなシングルマザーは、幼児教育が無償化となったところで、

3・4000円の軽減になるのかー(ため息)

的な感じです。。。

 

まぁ、シングルマザーで所得が少ない人たちは

前々から保育料は優遇されている

というところが大きいのだとは思いますが。

 

そもそも、そこまでの金額を払っていませんものね。。。

 

なんだか世間のよかったー!という安堵気分には

ついていけないかな、というのが正直な気持ちですが。

 

少子化対策にも貢献できませんもの、仕方ないですかね。笑

 

注意点

 

注意点3dman_eu / Pixabay

 

まだまだ、わたしの保育園では周知されておりません。

少しばかり、周知されている友人の保育園での注意点をお伝えしたいと思います。

 

住んでいる地域の自治体や、通っている保育園の形態によって異なります。

 

友人は、自治体が異なるのと、保育園でありながら、幼稚園でもあるという

ちょっと特殊な形態なので、前々から全然違うなーと思いながら過ごしていました。

 

幼児教育無償化について出された、その園での周知ですが、

今までは「 保育料 」として一律徴収されていましたが、

新たに「 給食費 」などの名目が追加されたそうです。

 

この追加の名目については、各数千円の負担となるようでした。

 

それ、わたしみたいなシングルマザーの場合、

結果的に金額上がりました!ってことになるのかな?と聞きましたが、

 

その子はシングルマザーじゃないのでわからなかったです笑

 

認可保育園ですが、幼稚園を併設しており、

年少さんの年齢の児童をもつ家庭は、どちらにするか選べるようです。

金額は多少異なるので、「 幼稚園 」としての扱いとされるのでしょうか。

 

[adchord]

■まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

シングルマザー世帯のみなさん、

1週間分の食費にはなりそうですので、

ぜひ2019年10月を楽しみにしましょう!!

 

まぁうちの場合、半年で、小学校にあがってしまうんですがね!笑

ABOUT ME
はるママ
はるママ
〇何かを始めたいママの応援団〇 〇究極の三日坊主を打破した女〇 〇趣味なし・特技なし・センスなしでもできることを探し中〇 〇男の子を育てるワーママ・シンママ〇