子ども・子育て

【子育て】競争心より「向上心」こうなりたい!を育てよう

トラックを走る男性

 

一人っ子だからか、「競争心」がないの。

いつでもマイペースなんだけど、負けたくないって気持ちはあるのかしら…

同じような環境で育っても、子どもは一人ひとり性格が違って当たりまえ!

 

なんでも一番が好きなはずの息子なのに…

はるママ
はるママ
こんにちは、はるママ(@s2713_uandme )です!

 

子どもの競争心・向上心

 

子どもたちがはしゃいでいるUSAGI_POST / Pixabay

 

結論からお伝えすると、競争心より向上心を育てよう!というところに焦点を当てていきます!

 

子どもの競争心

 

競争心

他に張り合って勝ちたいと思う気持ち。競争意識。

出典:コトバンク

 

性格って親に似るでしょ!と安易な考えをもっていた私。

自分が”誰にも負けたくない”というプライドの塊で生きてきたので、息子も多少なりとも受け継いでいると勝手に思っていました。

しかし、スイミングスクールに通ってみて息子の性格がわかってきました。

水泳
【子どものこと】お風呂嫌い・お水嫌いな息子をスイミングスクールへ通わせてみた話。顔を洗うのが怖い、お風呂が怖い、顔に水がかかるだけでパニックになる!などお子様の悩みあるあるですね! 水が怖いけど、スイミングスク...

 

スイミングスクールで同じクラスのお友達が検定に合格していく中、一人取り残されてしまった息子。

しかし、その後何か月も、ひとつの検定に落ち続けました。

私がもし息子だったら…きっと悔しくてたまらないし、恥ずかしさも覚える事態。

しかし、当の本人はなんら気にしていないのでした。

 

この子、競争心がないの・・・?!

 

競争心がない…良いのか悪いのか

 

qimono / Pixabay

 

競争心がないって、そもそも悪いことなのでしょうか。

他人と競争して、得られる達成感であったり、負けたことで悔しさを味わいそれを次へのバネにしたり。

そういう気持ち、モチベーションの変化はとても大切ですね。

しかし、他人と競争すること、その競争心って本当に必要でしょうか?

 

向上心を育てように切り替えた

 

息子の話に戻りますが、彼はなんでも1番が好きです。

保育園で並んで-と言われると、1番前がいいのでダッシュします。

駐車場に番号が振ってあるものならば、必ず1番に停めてと懇願してきます。

それでも、スイミングスクールでは1番になろうとしないのはなぜでしょうか。

 

目標を置いていない

今はプールが楽しい、泳ぐことがたのしいので、検定に合格して次のステップに進みたいという意欲までたどり着いていないのです。

 

競う相手が選定できない

一斉にスタートではないので、すでに泳げるお友達もいれば、顔を水につけられない子も新しく入ってきます。

息子にとって、この子に負けたくない!と思う年齢と実力の近い相手がいなかったのです。

 

冷静に考えると、競争心は沸かない環境でした。

これを、向上心を育てようということにシフトチェンジしてみます。

 

向上心を育てよう

 

ビジョンを明確にする

スイミングスクールに例えますが、”どうなりたいか”をイメージさせます。

「プール続けて、どうなりたい?」と聞いてみました。

「コーチみたいにかっこよく泳ぎたい!」と本人にはきちんとビジョンがありました。

このビジョンに近づくためには、検定に合格していくというプロセスまで理解していました。

あとは、スイミングスクールに向かう前に、きちんとビジョンを思い出させるお手伝いをしていくことにしました。

 

競う相手は常に自分

他人と競う環境にもないですし、これから人生を歩んでいくなかで必要なことって競争心だろうかと考えると、自分の敵は自分という考えもあるのではないか、と。

 

本気になれることを見つける

やる気スイッチ君のはどこにあるんだろう~?ですね笑

子どもが本気になるときって、向上心を育てるチャンスです。親はそのタイミングを逃さず、背中を押し、サポートできる環境を整えたいですね。

 

できたときはオーバーなほど褒める

日本人は褒めることが苦手です。

でも褒めることって向上心を育てる上でとっても大事なビタミンになります。

 

失敗しても、褒めるところをみつける

失敗しても、褒めるところを探します。

失敗は悪いことではありません。失敗して、心が折れてしまってはこれが一番もったいないことです。

ここは良かった、こういう風にすればもっと良くなる、というアドバイスを与えたいですね。

 

まとめ

 

競う相手がいなくても、自分の力で困難を乗り越えたり、目標を見つけたりできる大人になってほしい。

その為には、競争心よりも、向上心が必要なのではないでしょうか。

もちろん、競争心もとても大切です。

今回は、スイミングスクールでの出来事をきっかけに、気づいたことをまとめてみましたよ!

 

水泳
【子どものこと】お風呂嫌い・お水嫌いな息子をスイミングスクールへ通わせてみた話。顔を洗うのが怖い、お風呂が怖い、顔に水がかかるだけでパニックになる!などお子様の悩みあるあるですね! 水が怖いけど、スイミングスク...
ABOUT ME
はるママ
はるママ
〇何かを始めたいママの応援団〇 〇究極の三日坊主を打破した女〇 〇趣味なし・特技なし・センスなしでもできることを探し中〇 〇男の子を育てるワーママ・シンママ〇