仕事・社会情報

【転職】こんなコトで印象を悪くするな。現役面接官が教える意外な面接マナー!

入った瞬間合否が決まる

人の印象は10秒で決まる

面接は「いい印象」を与えることに重点を置きがちですが、

悪い印象」を与えないということも大切です。

 

中小企業で現役面接官を務める

はるママ
はるママ
こんにちは、はるママ(@s2713_uandme )です!

 

小さなアットホームな会社で、

これまで数十人と面接をしてきましたが、

8割の方が多くのマイナスポイントを残して帰っていきます。

 

人間、良い所より、悪い所に目が行きがち。

嫌いな人の良い所ってなかなか目に入らないものですよね…

招待状
【転職】現役面接官が教える、採用の決め手となったポイント総まとめ”採用を見送らせていただくこととなりました”はもう見たくない! 現役の面接官が教える、採用の決め手となるポイントや、どこをみている...

現役面接官が教える面接マナー

 

面接官

この記事をみているあなたは、これからの面接試験に備え、

情報集めに奮闘していることでしょう。

ここでは、現役面接官が、これまでの経験から、多くの方が残していく余計なマイナスポイントをお伝えしていきます。

あなたにいいご縁がありますように♪

 

面接官ってどんな人?

 

中小企業、少人数のアットホームな会社で、面接官になる人はどんな立場の人でしょう。

 

大企業のように、採用が主な仕事内容の人事部ではないケースが多いです。

 

役職がついている人だったり、採用後は直属の上司となりうる人だったり。

 

その会社はどんな人を希望しているのか

ここをくみ取り、アピールしていければ満点ですね。

 

面接官は何を思い、何を見ているか

 

面接官の気持ちって考えたことありますか?

 

私の答えはNOでした。

緊張で自分のことで精一杯。

怖い人だったら嫌だな、緊張感のある人なんだろうな。

そんなことばかり考えていましたが、面接官が何を考えているか、何を見ているかなんて考えたことはありません。

とにかく、良い印象を与えることに必死ではないでしょうか。

 

中小企業、少人数のアットホームな会社の面接官は、

この会社に合う人材かどうか

これを見ていることが多いです。

 

は?当たり前だろ。

 

そう思われるかもしれませんが、これは実は奥が深い。

少人数の会社、少人数のチームで動いている会社は、

このメンバーの中に入ったらどうなるか

これを考えます。

 

この人手不足と呼ばれる時代、新入社員はありがたい存在で、大切にすべき人材です。

と、同時に今働いてくれている社員も同じように大切な人材なのです。

たとえ即戦力となる経験をお持ちの方でも、今の社員を第一に考えると採用を見送らざるを得ないこともあります。

これはマイナスポイントが今の社員に伝わってしまった時です。

下でお話していきましょう。

 

面接官はその会社の社員全員だという意識

 

面接はいつから始まっているでしょうか

 

これまで面接官を幾度となく行ってきて、これを勘違いされている方が非常に多い。

中小企業、少人数のアットホームな会社は、そこで働いている社員全員が面接官という意識を持ちましょう。

 

社員数が少ない会社は特に、次に入社してくる人が気になります。

かっこいい?かわいい?

どんな人?どこの高校?大学?

そしてそんな情報を気軽に面接官に聞いたり話したりできる環境かもしれません。

 

〇 受付の方

〇 お茶を出してくれた方

〇 通りすがりの方

〇 清掃の方

その会社に足を踏み入れた瞬間、もしくは敷地に入った瞬間から面接開始です。

 

外でタバコ吸ってたよ

15分くらい周りをうろうろしている人いたけど面接に来た人だったんだ

 

ちょっとビックリしますが、私が他の社員から実際に聞いた言葉です。

 

お茶を出した人だって、部屋へ案内した人だって、

誰でも新しく入ってくる人はどんな人なんだろうという目線で接しています。

ましてやそれが役職のついている人である事だって少なくありません。

会社に入った瞬間から、面接は始まっています。

会った人全員に 笑顔で あいさつ しましょう。

知らない人から挨拶されて睨む人はいないでしょうね。

それよりも、あの人挨拶してくれなかったというマイナスポイントを与えるのはもったいないです。

 

マイナスポイントを見ていこう

なぜだろう3dman_eu / Pixabay

 

長々とお話してきましたが、8割の方が残していくマイナスポイントを見ていきましょう。

ひとつは先ほどお話した、

会社に入った瞬間から面接が始まっている

 

遅刻や到着が早すぎる

 

遅刻、早すぎる到着もマイナスポイント

面接官も、他の業務をしています。

待合室のない会社だってあります。

私は10分前でも少し早いな…と感じてしまいますが、平然と20分前に到着する方も多いのが現状。

これはもったいないマイナスポイントですね。

 

履歴書を準備していない

 

履歴書はテーブル、手元に即準備

びっくりすること第二弾、何しに来たの?というマイナスポイント。

待合室や、面接部屋に案内されたあと、履歴書を用意しない方が多い!本当に多い。

 

100%提出を求められるので、テーブルもしくは、手元に準備し、

言われなくても自分から渡しましょう。

 

座ったままの挨拶

 

担当者が来たら立って挨拶しましょう

なんならお辞儀するだけで、ろくに挨拶しない方も5人に1人以上いらっしゃいます。

座ったままで、頭だけ下げて、履歴書はカバンの中。

これは即試合終了。

スポーツだって、試合前には必ず相手に挨拶してからはじまります。

 

あーわかってます感

 

興味をもって話しを聞こう

どんな会社なのか、仕事内容はどういうものか、

何かしら惹かれたものがあるからご応募頂いたと思ってお話しているのに、

質問もなければ、あーわかってますわかってます感で聞かれる方もいます。

面接官はお話がスムーズでわかりやすい方もいるので、質問がないこともあるかと思いますが、質疑応答の答えを用意することと同じくらい、人の話を興味を持って聞きましょう。

 

面接官をしていて驚いたこと

挑戦RyanMcGuire / Pixabay

 

上に書いたことも、驚いたことの例ですが、こんなこともあるんだなということをまとめていきます!

 

消費税の計算ができない

 

仕事上大切なことなのと、入社してから教えれば問題ないのですが、

消費税の計算ができない方が多いという現状を知りました。

スマートフォンの使用OKにしているのですがね。。。

 

面接の行き帰りは…

 

車で来ることも可としており、駐車場はわかったかということを含め、今日は何で来たか、ということを最初に聞いています。

車も、公共交通機関も、所要時間はどの程度だったかということもわかりますね。

 

驚いたのが、

実家から母に送ってもらいました!その辺で待ってます!

これを堂々と言えるのは素晴らしいな…と思ってしまいました…

 

何もしゃべらない

 

当日の無断キャンセルもたしかにありますので、来てくれた事は感謝ですが…

はい、そうですね、しか言葉を発さない方がいらっしゃいました。

男は黙ってBOSS ではありませんよ。。。

 

親の悪口を平気で言う

差しさわりのない範囲でですが、親との現在の関係をサラッと聞いています。

つっこんでもいないのに、平気で親の悪口を話し出す方がいます。

一人ひとり抱えたものがあるとは思いますが、面接で悪口は不必要ですね。。。

 

結果通知の電話には出られない

 

面接に来られる方の中には、現在もお勤めされていることもあります。

結果はお電話で、ご都合のよろしいお時間帯は、と聞くと、忙しいので出られません。と答える方がいます笑

そのあとに、お昼休みの時間や、休みの曜日などをお伝えしてくれますが、最初からその情報だけで結構ですよ笑

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

緊張を和らげる為に、わざと一発笑いから入る私のような面接官もいると思いますが、

だからと言ってマイナスポイントを連発してしまうことのないよう注意が必要です!

知らないことは、悪いことではありません!

わからないことはガンガン質問する熱意も良い印象となり得ます!

 

↓【簡単】良い印象を与えましょう♡↓

招待状
【転職】現役面接官が教える、採用の決め手となったポイント総まとめ”採用を見送らせていただくこととなりました”はもう見たくない! 現役の面接官が教える、採用の決め手となるポイントや、どこをみている...

 

↓ランキングにも参加しています!気軽にポチッ!

にほんブログ村 主婦日記ブログ ワーキングマザーへ
にほんブログ村

 

【転職】不動産業界に就職したい!!求人でみかける「賃貸管理事務・営業」ってなに?家が好き、間取りを考えるのが好き、模様替えが好き 不動産業界に就職・転職したい! 求人でよく見かける「不動産管理事務・営業」...
ABOUT ME
はるママ
はるママ
〇何かを始めたいママの応援団〇 〇究極の三日坊主を打破した女〇 〇趣味なし・特技なし・センスなしでもできることを探し中〇 〇男の子を育てるワーママ・シンママ〇