からだ・治療

子どもに当たってしまうのはあなたのせいじゃない!!PMS(月経前症候群)は自分では気づきにくい!

特に理由はないのだけど子どもに当たってしまい、ひどく落ち込んでいるあなた!

それはあなたのせいではない可能性があります!

一人で悩んでないで、自分を知り、一緒に改善していきましょう!

はるママ
はるママ
こんにちは、PMSに悩む、はるママ(@s2713_uandme )です!

PMS(月経前症候群)を知っていますか?

子どもが頭を抱えているmintchipdesigns / Pixabay

 

突然ですが、あなたもしくは、あなたのパートナーが

イライラしたり、憂鬱になることが増えていませんか?

 

実はそれ、あなたのせいではなく、ホルモンバランスに関係があるかもしれません!!

PMS(月経前症候群)とは?

PMS(月経前症候群)とは?

PMSとは、月経前症候群と呼ばれるもので、月経が開始する3~10日ほど前から身体的、精神的に不快な症状が現れます。これらの症状は月経が開始すると同時に改善するのが特徴です。

症状は軽度なものから、著しい気分変調によって日常生活に支障を来す重度なものまでさまざまです。

出典:メディカルノート

症状は、身体的、精神的と多岐に渡り、個人差があります。

身体症状
  1. お腹の痛み
  2. 頭痛
  3. 腰痛
  4. 乳房の張り
  5. めまい
  6. 動悸 など
精神症状
  1. 不安・緊張感
  2. 抑うつ
  3. イライラ
  4. やる気がでない
  5. 眠れない
  6. 攻撃的になる

自分で気づくことができるのか?

子どもが顔を覆っている様子

Tumisu / Pixabay

先程に書いたように、症状は身体的なものから、精神的なものまで様々あります。

そして、女性にとっては「 生理中はあたりまえ 」の症状かもしれません。

まさに、私がそう思っていました。

 

◎ 生理前になると、甘い物が食べたくなるんだよね~

◎ 生理が近いと、腰が重だるくなるよね~

◎ イライラしてるね、生理が近いんじゃない?

どれも聞いたことのあるフレーズではないでしょうか?

そして、生理だから仕方ない、と諦め、我慢してはいないでしょうか?いつものこと。ちょっと最近生理痛が重くなった。

それで片付けてしまっている方、少なくないと思うんです。

 

こんな統計も出ています。

武田卓さん・近畿大学東洋医学研究所所長

日本人の成人女性のうち約180万人が未治療と考えられています。我慢せずに、産婦人科や精神科の医師に相談することをおすすめします。

出典:telling

いつものこと、生理が近いから、と我慢せずに一度診察してもらおう!

 

体験談

 

ここで、わたくしはるママの体験談を少々挟みますね♪

はるママのこと

〇学生時代
背の順はだいたい真ん中。
一般的な体型。
平均的な中学生で初経。
部活をやっていたからか、生理痛知らず。

〇社会人
オフィスの冷房にやられ、生理痛を経験。
仕事のストレスからか、生理前はチョコレートを欲す。

〇出産を経て
2年間、不快な生理とは無縁の生活。
その後も、冷えに注意の生活を送る。

 

きっかけは、よく連絡を取り合う友人からの一言でした。

はるママ…それってPMSじゃない?

子供にきつく当たってしまうということを、友人に相談していたときの一言でした。

この言葉がなければ、未だにPMSという存在を知らなかったかもしれない。

 

自分の気持ちの不安定さから、子どもにきつく当たってしまう、なんだか気分が優れないので冷たくあしらってしまう。

子どもが悪い事をしたわけでもなく、嫌いなわけでもないのに、どうしてもきつく当たってしまう事が『時々ある』

こんな方はPMS(月経前症候群)かもしれません。

本当に自分では気づきにくい、それがPMS(月経前症候群)です!

子育て向いてない。ダメな母親だ。そう思って自己嫌悪に陥っている、過去の私と同じ思いをしているなら、すぐにでも調べてほしいです!

複数の項目にチェックしていき、簡単にセルフチェックができるサイトもあります!

 

病院でも診察は気軽にできます!

【超低用量ピル】ヤーズとルナベルで【PMS】を治療してみた体験談。眠気との戦い。月経のある女性の70~85%は月経前に何らかの不快症状を感じています! あなただけの悩みじゃない! 辛い思いを我慢せず、少しでも改善できることがあるとすれば、試してみますか?...

まとめ

いかがでしょうか?

◎自分では気が付きにくい

◎普段の”生理痛”同じと、我慢している女性は多い

◎まずはセルフチェックできるサイトで簡単に調べてみよう

◎相談感覚で婦人科に行ってみる手もある

 

我慢しなくていいんです。悩まなくていいんです。

何年も付き合っていくものです、多くの女性が少しでも不快感が少なくなるように。

 

こちらで、治療体験を載せています。ご参考までにどうぞ♪

 

↓実際に治療した、第一弾のお話です!

【超低用量ピル】ヤーズとルナベルで【PMS】を治療してみた体験談。眠気との戦い。月経のある女性の70~85%は月経前に何らかの不快症状を感じています! あなただけの悩みじゃない! 辛い思いを我慢せず、少しでも改善できることがあるとすれば、試してみますか?...

 

↓治療を続けております!ピルが合わすに変更していっています!

【PMS・PMDD】超低用量ピル→低用量ピルへ治療を変更!治療開始から1年3ヶ月経った体験談超低用量ピルを飲み始めた時は、 快適な生活を送っていたものの、 数ヶ月経つと、またPMSの症状が・・・ を、繰り返し、...

 

ABOUT ME
はるママ
はるママ
〇何かを始めたいママの応援団〇 〇究極の三日坊主を打破した女〇 〇趣味なし・特技なし・センスなしでもできることを探し中〇 〇男の子を育てるワーママ・シンママ〇