からだ・治療

【超低用量ピル】ヤーズとルナベルで【PMS】を治療してみた体験談。眠気との戦い。

月経のある女性の70~85%は月経前に何らかの不快症状を感じています。

そう、あなただけの悩みではありません!

辛い思いを我慢せず、少しでも改善していくことをオススメします!

はるママ
はるママ
PMSと診断され、人生で初めてピルを服用しました!

PMSを超低用量ピルで治療してみた

手を取り合っている様子

andreas160578 / Pixabay

月経のある女性の70~85%は月経前に何らかの不快症状を感じているそうです。

無性に甘いものが食べたくなる

なんだかイライラする

生理前だから仕方ないと辛い思いを我慢しないでください!

PMS(月経前症候群)を知ろう

 

PMS(月経前症候群)

月経が開始する3~10日ほど前から身体的、精神的に不快な症状が現れます。

これらの症状は月経が開始すると同時に改善するのが特徴です。

月経のある女性の70~85%は月経前に何らかの不快症状を感じるといわれていますが、PMSはその症状の程度が病的に強い状態です。

引用:メディカルノート

とある女性
とある女性
生理前は当たり前よね、皆と同じ!

そうやって我慢してしまっている女性は多いんです!治療という手もあるんですよ!

 

▼PMS(月経前症候群)についてはこちらでご紹介しています▼

子どもに当たってしまうのはあなたのせいじゃない!!PMS(月経前症候群)は自分では気づきにくい!特に理由はないのだけど子どもに当たってしまい、ひどく落ち込んでいるあなた! それはあなたのせいではない可能性があります! 一...

まずは自分でできることで改善する

病院や、薬などに頼らず、生活を改善することによって、PMSの症状が改善されるにこしたことはありませんね。

まずは自分でできることはないか、見ていきましょう。

生活習慣の改善

様々な体調不良の原因は、生活習慣にある可能性があります。

  1. 食生活の改善 ・・・ 栄養バランスよく、そして規則的に
  2. 睡眠 ・・・ 夜更かしをせず、規則正しく睡眠をとる
  3. 血流改善 ・・・ ストレッチや有酸素運動で血行をよくする

さらに、アルコールやカフェインの摂取も、PMSにはあまりよろしくないとされています。

生理前にチョコレートが食べたくなっても、なるべく控えることが大切です。

次は医師に相談する

自分でできることをやってみて、それでも改善されない、辛いという時は無理をせずに医師に相談しましょう。

PMS(月経前症候群)の相談ができる病院は沢山あります。

相談できる病院

○ 産婦人科

○ 婦人科

○ メンタルクリニック

○ 診療内科

○ ピル専門外来 など

 

病院選びのポイントが、

通いやすい病院を選びましょう

なぜなら、もし、ピルを処方された場合、最高3ヶ月分の投薬が限度となります。※保険適用の際の目安です。詳細は病院へ確認してくださいね

病院に行く前に

kaboompics / Pixabay

 

基本的に問診での診察となります。

できるだけ、症状をメモしておきましょう。

 

難しいことではありませんよ、こんなことをメモしておきましょう。

○何をするにもイライラした

○甘い物が無性に食べたくなった

○いつもはない頭痛がした

これらの症状が、いつ起きているか、日記程度に書いておきましょう。

それが生理前に集中しているようであれば、PMSの可能性がでてきますし、診察もスムーズに進みますよ!

治療の体験談

それでは実際にPMSを超低用量ピルで治療していった体験談をお伝えしていきます!

 

↑こちらでもご紹介していますが、私自身、自覚症状はありませんでした

PMS(月経前症候群)というものを教えてくれた友人からの一言で、受診することを決めました。

実際の病院選び

今やPMSは認知されてきており、ネットで「お住いの地名 PMS」と検索すると、恐らく複数の病院がヒットすると思います。

 

上でもお話したように、

通いやすい病院を選びましょう

ピルを処方された場合、最高3ヶ月分の投薬が限度となります。※保険適用の際の目安です。詳細は病院へ確認してくださいね

毎月通うわけではないにしろ、ライフスタイルに合わせて、通いやすい病院を選びましょう。

診察内容は?

病院によっては、血液検査で自分に合ったピルを探す病院もあるそうですが、診察内容の、基本は問診

自分のことを、自分でお話できないと伝わりません!!

 

私は、「PMS 症状」をネットで調べ、自分に該当するものをメモしました。また、それがいつ頃からの症状なのか。生理が終わるとどうなのか。

簡単な日記程度で問題ないです。

 

メモをした内容を、伝えた所、

PMSの症状とみて間違いないね

との診察結果でした。

まずは、ヤーズ(超低用量ピル)を試してみないかい?と。

 

わたくし、ピルは一度も飲んだことがございません。

飲み方と注意事項の説明を受け、まずは1シート処方してもらいました。

ヤーズ(超低用量ピル)で治療してみた

ヤーズ配合錠

卵胞の発育を抑え排卵を抑える作用により月経時の疼痛を軽減します。
通常、月経困難症の治療に用いられます。

主な副作用として、頭痛、吐き気、不正子宮出血、性器出血、月経痛、下腹部痛などが報告されています。

出典:くすりのしおり

ヤーズの飲み始めは、生理が始まった日からと説明を受けました。その為、受診してから約2週間ほど待つことになりました。

やっとその日が訪れ、毎日決まった時間に飲むことに。

 

私が経験した副作用

○つわりのような吐き気

○胸焼け

○体のだるさ など

※私の経験した副作用です、個人差あり

ただ、精神的な症状は以前より、格段に落ち着いていました。

 

副作用は2シート目くらいまで続く人もいる

試しているヤーズは超低用量ピルなので、一般的なピルより体に馴染みやすいそうです。私ほど辛い症状はあまりでないようになってるんだけどなーと言っていましたね。

先生のおっしゃる通りで、2シート目の中盤あたりから、嘘のように副作用はなくなっていましたし、精神的症状も同様に改善されていました!

ヤーズ(超低用量ピル)で治療を始めて半年

Free-Photos / Pixabay

 

生理周期も把握でき、快適な生活を取り戻しつつありました。

しかし、新たな刺客が!!!!!!!

 

異常な眠気

 

最初は、寝不足なんだろうな~程度にしか考えていなかったものが

だんだんと、仕事に差し支えるほどに。

横になって目をつぶらないとどうしようもなくなってきて、しまいには休憩中に30分程、ガチ寝するようになりました。

日中は意識ある程度に目をつぶることしかできない私ですが、意識を失うように寝ないともたない日々が生理前の数日訪れます。

 

3ヶ月ほど続いて、おかしい。生理前だけの症状だなんて。と気づいた私は、ちょうどシートがなくなる前の受診で先生に相談してみました。

ルナベル配合錠ULDへ服用ピルの変更

ルナベル配合錠ULD

卵胞の発育を抑え排卵を抑える作用により月経時の疼痛を軽減します。
通常、月経困難症に用いられます。避妊目的には使用できません。

主な副作用として、頭痛、吐き気、上腹部痛、不正性器出血、希発月経(月経周期が39日以上)、月経過多、下腹部痛、過少月経(月経の出血量が極端に少ない)、頻発月経(月経周期が24日以内)、乳房痛、乳房不快感、発疹、薬疹、顔面浮腫などが報告されています。

出典:くすりのしおり

 

眠気が副作用で出る人もいるよ

ピルの種類を変えてみようか

悩みは一瞬で吹っ飛びました!何か違和感があれば、すぐに相談しましょうね!

おすすめされたのが、ルナベル配合錠ULD(超低用量ピル)

 

こちらは、現在服用している、ヤーズを飲み終わってから、種類変更をしてください、とのことで、ここでもすぐに試すことはできず、2週間ほど経ってから飲み始めることになります。

ルナベル配合錠ULDでの治療体験談

ヤーズのような副作用はゼロで飲み始めることができた!

最初の処方は、お試しということで1シートしかもらわず、とくに気になる点はなかったので、次の受診で3シート頂くことに。

しかし、また新たな刺客が!!!!!

2シート目の途中から、なにやらおかしいことに気づきました。

あれ、精神的な症状が復活している・・・

 

異常な眠気は消え、快適快適と過ごしていた1シート目はなんだったのか。感情をコントロールできない症状が徐々に目立つようになってきました。

一気に3シートもらってきていたので、もしかしたら改善するかも…と飲み続けていました。

 

少し長くなってしまったので、超低用量ピルでの治療体験談はここまで。

2種類目の超低用量ピルでも上手くいかない治療でしたので、手持ちのシートを飲み終える際に先生に再度相談してみました。

▼その後の治療体験談第二弾はこちらから▼

【PMS・PMDD】超低用量ピル→低用量ピルへ治療を変更!治療開始から1年3ヶ月経った体験談超低用量ピルを飲み始めた時は、 快適な生活を送っていたものの、 数ヶ月経つと、またPMSの症状が・・・ を、繰り返し、...

 

やはり、違和感を覚えたらすぐ先生に相談すべきです!

まとめ

◎あくまでも私の体験談です!超低用量ピルは副作用がない方もいらっしゃいます。

◎生活習慣の改善から取り組もう!

◎できるだけ通いやすく、信頼できる先生をみつけよう!

◎はじめに提案された治療方法があうかどうかは試してから!

◎おかしいなと思うことは引き続きメモしよう!

◎長い目で付き合おう!

 

これからも治療方法を先生と相談していきながら、また新たな情報があれば記事にしていこうと思います♪

 

↓ その後、ルナベル配合錠ULDをやめ、低用量ピルへ変更しました

【PMS・PMDD】超低用量ピル→低用量ピルへ治療を変更!治療開始から1年3ヶ月経った体験談超低用量ピルを飲み始めた時は、 快適な生活を送っていたものの、 数ヶ月経つと、またPMSの症状が・・・ を、繰り返し、...
ABOUT ME
はるママ
はるママ
〇何かを始めたいママの応援団〇 〇究極の三日坊主を打破した女〇 〇趣味なし・特技なし・センスなしでもできることを探し中〇 〇男の子を育てるワーママ・シンママ〇